神山しいたけのこだわり【3.神山町の自然】

恵まれた自然環境

私たちがしいたけを育てている神山町は、徳島県のほぼ中心に位置する小さな町です。

面積の約81%が山林(※平成22年度調査結果)という緑豊かな環境で、空気は常に新鮮で綺麗な状態に保たれています。また、森林の土壌には水質を浄化する作用もあり、町内を流れる鮎喰川をはじめ、『日本の滝百選』に選ばれている雨乞の滝など、清らかな水が豊富に流れています。

森林の新鮮な空気と山清水といった、しいたけの成育に最適な条件が揃った神山町。その豊かな自然環境のなかで、神山しいたけは育てられています。

神山町

森林が生む湿度が美味しいしいたけを育てる

森林には、空気中に含まれる湿度を安定させ、暑い夏や寒い冬でも気温を緩和・調節する力があります。

この湿度が、しいたけを育てるのに非常に有効なのです。
しいたけの成長に欠かせない水…… なのですが、与えすぎるとカサが変色しやすくなってしまうのです。自然が生む湿度を生かして水を与えすぎないことで、長持ちのするしいたけが完成します。

湿度の安定した森林
しいたけの成長に欠かせない水

新鮮な状態で皆さまのもとへお届けします

非常に自然豊かな神山町ですが、徳島市まで車で約45分。
そのため、全国の消費地に、いち早くしいたけをお届け可能です。

しいたけをおいしく味わっていただくには、新鮮さが第一!
交通アクセスの良い神山町だからこそ、新鮮なままのしいたけをお届けできるのです。

全国の消費地にいち早くお届け
神山しいたけのこだわり
  • 味と品質の追求
    お客さまに喜びと驚きを届けたい! の思いで美味しいしいたけを育てています
  • 安全・安心への取り組み
    安心して召し上がっていただくため細心の注意をはらっています
  • 神山町の自然
    自然豊かな神山町。その恩恵を受けて、高品質のしいたけが育ちます
ページ上へ